えじゃないか、えじゃないか。

主に映画と競馬についての内容を。 競馬については、大穴狙いの重賞、狙いレース配信。 映画については、外れの映画をうまく引き当てれるような 見方について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の映画の感想など。

最近見た映画を数行で紹介します。

あぜ道のダンディ [DVD]あぜ道のダンディ [DVD]
(2011/12/22)
光石研、森岡龍 他

商品詳細を見る


ちょっと無駄なシーンが多かったです。途中までは、光石さんの演技も含めてよかったです。
この映画を好きな人が多いのは理解はできますが、自分はもっと”削る”ことをして欲しかったです。

アジョシ ウォンビン・エディション(初回生産限定) [DVD]アジョシ ウォンビン・エディション(初回生産限定) [DVD]
(2012/02/02)
ウォンビン、キム・セロン 他

商品詳細を見る


この映画は賛否両論でしょう。レオンの韓国版。
ヨーロッパ映画が好きな人もいれば、ハリウッド好きもいて、邦画好きもいる。
ヨーロッパ映画辺りを好きな人には向かないですが、このベタベタ感はよかったです。
無茶苦茶なんですが、漫画を見る感覚で見れば、楽しめるかと思います。
ウオンビンは確かにカッコいいですね。

Gantz 2: Perfect Answer (Movie) [DVD]Gantz 2: Perfect Answer (Movie) [DVD]
(2012/03/20)
Gantz 2: Perfect Answer (Movie)

商品詳細を見る


GANTZ2は過去史上見た映画で、5本の指に入るくらい酷かったです。いいところが一つもなかった。

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]
(2007/01/26)
ソン・ガンホ、ピョン・ヒョボン 他

商品詳細を見る


この映画は自分が韓国人で、韓国の文化を理解できていたらもっと楽しめたと思います。
怪獣映画としての評価は高いようですが、個人的にはギャグレベルをもっと評価して欲しいです。
映画としては、そこまで面白い!!と感じさせる内容ではなかったですが、小出しにネタのジャブを
喰らい、腹八分目です。さすがポジュノ。こういう映画もとれるんですね。
この映画は日本でどのくらい流行ったのかは気になります。韓国のほうが流行るでしょうが。

ゴーストライター [DVD]ゴーストライター [DVD]
(2012/02/02)
ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン 他

商品詳細を見る


今年のキネ旬の一位でしたが、もうキネ旬の評価は参考に全くしていなく、ポランスキーも
個人的にはそこまで好きではないです。
だからこそ、いい意味で期待を裏切られました。見せる技術に惹かれ、続きが気になってしかたなくなり、
あっという間に終わってしまいました。いい映画ですね。
因みにこの話しと同じような話し、リアルでも聞いたことがあり、話しに入れたのもその要因も大きいです。

スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション [DVD]スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション [DVD]
(2012/04/27)
妻夫木聡、永瀬正敏 他

商品詳細を見る


石井克人は、やっぱり「鮫肌男と桃尻女」が一番よかったです。
CMプランナーとしての才能と、笑いの才能が一番マッチングしていたと思います。
PARTY7はちょっとしつこく、茶の味は僕には緩すぎました。
本作自体も、悪くはないんですが、グサっとくるものがないですね。
ただこの監督の映画は次回作も見るでしょう。

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
(2011/02/04)
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 他

商品詳細を見る


シーン、シーンはすごくいいんですが、あまり入り込めませんでした。最後のシーンはすごくいいです。

罪とか罰とか [DVD]罪とか罰とか [DVD]
(2009/08/07)
成海璃子、永山絢斗 他

商品詳細を見る


”映画”としては見るなら、あまり面白くないと思います。
”映像””劇”として見たら、なかなか面白いと思います。ガチガチの人は、評価しないのかと。

グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ [DVD]グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ [DVD]
(1998/10/21)
ロビン・ウィリアムズ

商品詳細を見る


気合いをいれて見ないと、涙腺が弱い人は危ないかもしれません。普通に、感動したなー、っていう映画は
たくさんありますが、プラスαで鑑賞後の、「シコり感」(なんやんたっやあの映画、とお腹の辺りに
グサっとくる感じの、私的専門用語)を与えてくれる映画でした。見た時の精神状態にも、うまくマッチング
しました。マットデイモンは脚本もいいもの書けるんですね。

チェイサー [DVD]チェイサー [DVD]
(2011/04/22)
キム・ユンソク、ハ・ジョンウ 他

商品詳細を見る


昨日、韓国人の後輩と飲んでいたんですが、しきりに話題に上がったのが、「暴力」についての考え方。
韓国の映画と日本の映画の違いは、ストレートさ、暴力の描き方だと思います。
本作は、ここぞとばかりに暴力シーンが出てくる。その後に、ものすごく走っている映像が流れるんですが、
その対比が面白かったですね。映画としても、こういう形式の映画では最高レベルで面白いんじゃないですか。
暴力のリアルさ、ってことに関しては韓国は日本より規制が少ないんですかね。


去年、一昨年は狂ったようにヨーロッパ映画を見ていましたが、最近は気分ではなかったんですが、
また久しぶりに、見てみたくなりました。
和食も食べたいし、イタリアンも、フレンチも、中華も、韓国料理も美味しいので、気分によって違います。
ハリウッド映画から、南米辺りの映画までフラットな目線で見れる目を造りたいですね。
ただ最後にタルベーラの映画を見たので、すごく気が重いですが、攻めますヨーロッパ。

次回からは、もう少し真面目に書きます。すいません。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/12(土) 19:40:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヴィクトリアマイル予想。 | ホーム | マイラーズC,フローラSなど。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jimijimi0829.blog.fc2.com/tb.php/7-61bfbc45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。