えじゃないか、えじゃないか。

主に映画と競馬についての内容を。 競馬については、大穴狙いの重賞、狙いレース配信。 映画については、外れの映画をうまく引き当てれるような 見方について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕とアムステルダムと蒼井優。

後悔先に立たずとは良く言ったものだ。

時々にわかには信じられない日本人に会う。良い意味でも、悪い意味でも。

自分は女の子とは比較的誰とでも気にせず話しますが、男性は年が同級生~下の場合は昔から、
自分より人間的にセンスがあると思う人としか付き合わないようにしています。
が、海外になるとこれが逆転し、極めて無口で口数の少ない本来の自分に近い場面に戻ります。


ベルギーの宿での話しですが、宿で締め切りの迫った仕事をしていました。

するといきなり「長いんですか??」と主語・述語が欠落した阿呆まる出しの顔をした関西人の男が
話しかけてきた。「仕事が忙しくて、あなたと話す意志はございません。」といった雰囲気を
できる限り出したのだが、一向に通じず「5日で4都市を廻ってきた。1年の長期旅行だ」などと全く興味がない
話しを続け一向に辞める気配がない。

すると、別の宿からその男の友人らしきグ5人グループが押し寄せてきて宿の公共の調理場、
またスペースを独占。挙句の果てには数少ないコンセントまで使い始めた。
彼らの主張は宿にキッチンがなく、金がないので来たという他の宿泊客からすれば極めて迷惑な理由でした。
(後で考えてみると、日本代表戦があったのでヨーロッパ中から日本人が集まってたみたいです)

「それはマナー違反やセキュリティの問題で止めたほうが良い」ということを(同じ民族として恥ずかしいから辞めて欲しい)
阿呆グループに力説したが
「バレなきゃ大丈夫でしょ??」といった軽いノリを返してきた。
しばらくすると宿のオーナーが来て当然のように大激怒。日本人グループはフランス語はおろか、
英語も全く喋れないようで、ひたすら「ソーリー」と繰り返すのみ。

仕方がないので自分が仲介に入り、事態は収まったのですがオーナーから「お前の友人か??」
とあらぬ疑いをかけられたので、グループが英語がわからないことをいいことにオーナーの目の前で悪口を言いまくり
「友達なはずがないが、日本人として恥ずかしく思ったので、代わりに謝ります。」
と言って喫煙所に向かった。

何とも切ない気分で1人外で煙草を吸っていると、韓国人と勘違いしていた蒼井優似で少し眉をはっきりさせた色素の薄い
雰囲気のある美女(以下蒼井優)が隣に来て
「一部始終見てましたよ。さっきはカッコ良かったですよ。」と男なら一度は言われてみたい映画のような台詞を頂戴した。
捨てる神あれば拾う神ありとはこのことか。

話しを聞いていくと、自分がいつも東京に行く際に宿泊する川崎市の出身の23歳で、芸術に明るく
「行動力のない自分を動かすために海外に行くようにしている。」と大変興のある理由で旅行をしているようだ。
そこから先は久しぶりの楽しい時間で、ビールを何杯飲んだのか覚えていない。
次に自分と同じアムステルダムに向かうと言うことでFBの連絡先でも聞いておくほうが良いかと思ったが、
「FBとかやってますか??」という言う会話が滑稽なものに思えて、どの面を下げて聞けるものかと思い直し、
クールな男としては何も言わずにこのまま去るべきだと判断した。

だが、偶然とは重なるものです。
アムステルダムに到着後、ATMでキャッシングを試みた際、自分のメインのクレジットカードが機械の中に吸い込まれたまま、
出てこなくなった。銀行の職員に尋ねると「今日はもうどうにもできない。」と言われ、躍起になってもう一枚のカードを
挿入。ATMの中には、クレジットカード2枚。考えれれる上で最悪の事態が発生した。

宿に泊まるにも、金がなく、WIFIを使うにも金がない状況。気温3度くらいの外で絶望的な心持ちで、1時間途方に暮れていると
偶然蒼井優が通りかかり、事情を説明すると200ユーロを貸してくれ、更に
「別に返さなくてもいいですよ。また東京に来た時にでも、何かの形で返して下さい。」
と言い、ネイテイブ並の語学力で、カフェでスカイプで2枚のカードの停止作業を手伝ってくれるという、東京物語の原節子ばりの
良い人で泣きそうになりました。お金はすぐにネットバンキングで返却。
(自分のカードが1枚外資のためアメリカに電話する必要がありました。)

聞けば明日の昼のフライトでロンドンに行くとのこと。顔は必死に平常心を保ちつつ、心の中はの世界。すると蒼井優
「明日ゴッホ美術館に行きませんか?待ち合わせではなくて、偶然会うってシチュエーションて面白くないですか??」
顔を必死に平常心を保ちつつ、心の中はゴッホのひまわり。始めて原稿料をもらった際の5倍以上の喜びを噛み締めた。
追い風として、ゴッホとダリは人並み以上の知識がある。
年下の女の子に振り回されるとは男冥利に尽きる、などとワケのわからないことを考えながら、明日は朝イチで並ぼう、と誓い宿に到着。


だが、結果から言うとゴッホ美術館には行かなかった。正確に言うと行けなかった。

宿に到着すると、同室にスリナム人、イスラエル人、ベルギー人、スペイン人女性。
聞けばカンナビスカップの時期に合わせて、年に1度集まっているメンバーのようだ。
見た目からその道を極めたモノの雰囲気が醸しだされている。
時間はすでに12時。確実に寝とかないといけない。

甘い誘いにのってはいけない、が同時にここで日本人の評価を下げるわけにもいかない。
ベルギーでの出来事が矛盾に終わる。それがどんな道であれ極めたモノには最大限の経緯を払うのが自分のポリシー。

翌日目が醒めると、3時でした。人間切り替えが大切で、ここで中途半端なことをすると蒼井優に顔向けできない。
6日間、5人でアムスのコーヒーショップ20件を周遊、ちゃっかりカンナビスカップにも参加してきました。


ブラジルで日系ブラジル人の70歳を超える女性に話しを聞かせていただいている際のことだ。
「もう日本にいた時のことはほとんど覚えていないが、小津さんの東京物語を見ると
 自分が日本人であるということを思い出させてくれる。同時に今の日本がどうなっているのかな、とあれこれ想像するんです。」


この言葉を聞いた後、一緒に東京物語を鑑賞し不覚にも人前で涙してしまった。
ちなみに僕自身は、個性は重要でないと思うし、普段生活する中では必要ないと思っている。
だが、もし仮に個性を求めるとすれば、それは原節子の振る舞いが日本人の持つ最大の個性の形だと思う。
極めて個人的な意見だが、”意識した”外見や髪型、服装での個性ほど薄いものはない。
今回ヨーロッパを廻って良くわかった。意識するか、しないかは重要だがそこにエネルギーを
使っている分だけ、相対的なレベルは下がる。ヨーロッパの全域でも、そんなオシャレをしている人はごく僅かのように感じる。


ブラジルで日系人の方30人ほどに話しを聞けたことは、毎日適当なことを言い酒を飲みヘラヘラして生きていければいいかな、
と思っていた自分にとって、他には何も望まないレベルで頑張ろうか、と思うようになったキッカケである。

その後、好きなスポーツ、ビジネス誌、映画や連載を含め、レベルの高低は差し置いてある程度自分の望む仕事ができるようになった。
昔なら恥ずかしげもなくバカの1つ覚えのようにイチイチ〇〇で出しました、と書いていたと思うが今のレベルなら、まだ先でもいいかな。
問題はここまで長々と書き連ねた内容が全くなく、ベルギーで自分を苛つかせた内容と類似している点。


同時に、変にカッコをつけて本当にしたいことの逆ばかりしてしまうこの性格だけは本当に中学時代から全く変わらずいただけない。
今の時代だからこそ、日本人が1番持っておくべき個性を蒼井優に感じました。
変わるべきもの、変わらないでいるべきもの、その見極めはまだまだできそうにありません。














スポンサーサイト
  1. 2013/11/29(金) 10:18:23|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

移動と宿。

旅行をする際に大切な要素として言語、危機管理、気合い、図太さなどが重要なのは
間違いないが、個人的には宿と移動が大きなウエイトを占める。
今まで誰かと移動をしたり宿をシェアしたことは数えるほどしかない。
旅行をしない人にはあまり馴染みのない言葉かもしれないが、ドミトリーという宿泊形式がある。
1つの部屋にベットが4~8程度並べられ、異国の人達とその部屋を共有するというスタイルを宿側が提供してくれる。
ドミトリーの魅力としては、宿泊料金がシングル、もしくはダブルルームより1/3程安く、宿泊者と仲良くなりやすい。
悪い点としては、ほとんどプライベートがない、安全面、他の宿泊者に対する気遣いをしないといけない、とこの辺りが挙げられるように思う。
南米のブエノスや、サンパウロ、リオなどの主要都市の宿は結構なハイプライスだ。具体的にどの程度の値段かというと、シングルで東京や神奈川辺のビジネスホテル、2つ星ホテルに泊まるより高い、というのが自分の感覚で、
かのようなの理由から今回はドミトリーにしか宿泊していないという状況が続いている。

もちろん異国の旅行者や、普段交流することがない人達とワイワイするのも楽しいし、20回に一回くらいは、白人やラテン系のかわいい女の子と意気投合し、一杯飲みに行き、一緒に移動したり、旅先での感動を共有、その後お互いの国に遊びに行き来する、というなかなか興な体験もできることもある。

ただ冷静に考えてみれば、打率で言うと0割5分という極めてギャンブル性が高いレートで、
個人的には、先述したデメリットが明らかにメリットを上回り、つまりのところ結構というかかなりストレスが溜まってきている。
更に言うとバスも嫌いで、臭いが充満したり、横の人との距離が非常に近いということもあり、電車移動を好むが
南米で長距離電車での移動手段はなく、必然的にバスか飛行機の移動となる。

基本的に、大人数の飲み会や会合はどうしても参加しないといけない時以外は参加しないというスタイルを長年貫いている。自分が楽しめる範囲としては、気心の知れた仲でMAXで5人。
ただ、5人より4人、4人より3人、3人より1対1で人と会うほうがベターで、
事実去年から、4人以上いる席での飲みは恐らく10回を下回っている。
理由は、人数が多いとその分だけ足し算で疲労するということもあるが、
対面で1対1で話すことで、よりパーソナルな部分に触れることができ、自分も楽しめる。
また面白い話しが出てくる割合、自分にとって益がある話が聞ける割合が多人数と比べると圧倒的に多い。
前置きが長くなったが、こういう性分のためこのドミトリー生活が非常にストレスフルで、恐らく普通の人の
5倍は疲労しているのが現状で、やっぱりもっと頑張って稼がないといけないと思う次第で、それを考えると乙。
正直ジャングルパーティに行き、本場の四つ打ち、ボサノバのリズムに、体を流れのままに委ねたかんですが・・・GOMAのリオデジャネイロを現地で聞くのに留まりそうです。

最後に文化の違い、というよく耳にする言葉を具体的に感じた例を1つ。
長距離バスで、隣にドイツ人の大柄な女性旅行者が座ってきた。
18時間の移動だったので、サッカーとボクシング好きということでいろいろと話し込んだ。
どんな女の子が好きなの?と聞かれたので、ベレー帽が似合う人かな。シーメンスと答えると、
ユーモラスね、と言って会話のキャッチボールが何度もできて話しはまずまず盛り上がった。

逆に日本人宿に泊まった際に酔っぱらって、何人かでそんな話しをしていた際に、同じことを答えると
「何それ、意味分かんない。Zipper系ですか?」と興がない答えが返ってきた。
自分に興味がないことを差し引いても、ラリーは続きやすいボールを投げているので、少し悲しい。
言いたかったのはベレー帽の下りではなく、考える力=教育、指導の仕方の違い=人の習慣、習性となり、
→文化となっていく。つまり文化は常に変化し続けるもの、ということをサッカーチームの練習を数チーム見せてもらい実感しました。

まあドイツの教育を知らないので、何とも言えないので、ベレー帽=トリスハイボール=ウィイのテンションの方程式からウィスキーを飲んでバス移動したいと思います。スペイン語が話せたら、行ける場所、見る角度も広がったと思うので本当にスペイン語の勉強をしてから来ればよかったと後悔。今度はポルトガル語とい畳み掛けれれてる心持ちです。
ただ本当にすごく好きです。南米!!
  1. 2013/04/20(土) 23:45:06|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。