えじゃないか、えじゃないか。

主に映画と競馬についての内容を。 競馬については、大穴狙いの重賞、狙いレース配信。 映画については、外れの映画をうまく引き当てれるような 見方について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我、拗ね者にしてその生涯を。

早いもので、海外から帰国して1年が経った。
振り返ってみればこの1年、取り憑かれたように映画を観て、本を読んだ。
本数を挙げることに意味はなさいと思うので、割愛するが
映画なら、ドキュメンタリーを中心に、書籍なら、ノンフィクションを中心に、
沢木耕太郎、後藤正治、佐野眞一、辺見庸をイチから読み返し、
本田靖春、野村進、高野秀彦、溝口敦、石井光太、松本仁一、永沢光雄辺りをよく読んだ。
特に本田靖春、野村進、両氏の本は熟読したように思う。

ここまで列挙したのは、アジアをプラプラしている時に自分にとって、映画と本を嘱望したからで、
旅行時に実感した「自分に必要なもの」ということを本能的に求めた結果なのかもしれない。

先日、仕事で大きなポカをやらかした。自分の慢心がもらたしたミスだった。
その際に「知識というのは、経験が伴うもので、何かを通して頭に入ったものは情報。そこを全く理解していない」とキツイお灸を据えられた。
振り返ってみると、我ながら意味をなさない捻くれた生き方をしてきたせいか、なかなか浅はかな考え方をしてきたものだと思う。
ここ1年「自分の言葉で話す」「経験をしていないことは話さない」という意識は徹底して持ち続けてきたつもりだが、今回のことで本当に浅はかな意識でしかなかった
ということを思い知った。
”かもしれない”ということは書けないというルールは、インターネットの発展により、誰にでも自分を発信できるという環境のため崩壊されつつあるが、
この点に関しても、結局は発信する側のモラルや感覚によるところが大きいように思う。

今回の件や今までを冷静に振り返ってみても、自分が優れた感覚の持ち主ではない、ということは理解できた。
だが一方では、訓練や周りの環境によって「感覚」は改善されると確信している。ナチュラルな才能と言うのは、どの世界でも何年かに1人の割合でしか生まれない、
ということ位は理解できるようになったし、今までは経験がなかったので、背景を見て想像する目が欠けていた。
感覚がないなら、優れた感覚を持つ人の20倍、30倍、100倍、自分の脚で歩き、見て、たくさんの人に会うしかないとも思う。
今の自分の仕事の大半を占める、何がオシャレ、何が美味しい、人の良い部分の紹介、何が凄かったと、いう内容なら”良い部分だけ”に焦点を当てることが
メインとなるので、今の感覚でもそれなりにはやっていけるかもしれないが、本質を見る、という点では現状ではお話しにならないとも思う。

沢木耕太郎が著書で、「旅に出るのは、早すぎてもいけないし、遅すぎてもいけない。」と表現していた。
4月から実費で、あるテーマを追って南米諸国に取材に行く。今回は、本当に自分にとっていいタイミングではないかと思う。
当然ながら、日本での取材と比較しても海外での取材は難しい。
語学、風土に対する理解、その対象者の背景に対する理解、協力者の少なさ、自分の頭の編集能力など、挙げればキリがない。
だからこそ、自分にとって意義があるし、今回のことが自分の血肉となるような意識で臨みたい。
5年後何をしているかわからないが、25~27歳までの間が、人生の中で大きな転換期になる、という半ば確信に近いものを近頃感じる。
自分は、男性でも女性でも内容、職種に関係なく、仕事を一生懸命している人が好きだし、生きる上で必要な感覚だと考えている。仕事ができる、ではなく。
必死にならないと、見えないものが必ずあるし、最近を思いかえしてみると何を勘違いしてか、常に50%程度で物事に向き合っていたように思う。1度壊してみるくらいでいいのかもしれない。
29d1c7e1d12508b1d0320dd8e598e887.jpg


先日お会いした難病と戦ってらっしゃる方の一言「病気のことは病気になってみて始めてわかる。」
という一言に、人生の大切なことがすべて凝縮されていると思う。
以下に知り合いのカメラマンが言っていた言葉を紹介したい。
「キレイな写真と言われても、嬉しくない。こんな顔が撮れるんですね、と言われるのが1番嬉しい」
このコトバ、今なら少しだけキリとって理解できる気がした。

今回暫く、海外に行かせてもらえる自分の環境、周りの方々のご協力に心から感謝したい。
幸いなことに、周りに自分の間違いを正してくれる人達や、成長できる環境がある。
よく、人脈も含めて実力、と言われるが自分の場合は、ただただ運が良かっただけだったと思う。だからこそ命だけには気をつけて、存分に南米を楽しみたい。

残念なのは、何よりの楽しみにしている「ゴットタン」と「女子アナの罰」で古谷有美が見れないこと。
「踊れる人」と「何もないところから絵を書ける人」は人間が持ちうる最高の能力だと思っているので、その尺度で見るとブラジル辺りは最高に楽しめそうです。
読み返してみて、珍しく感情が優先されて、構成のまとまりが欠片もなかったので最後に一言だけ。
自分に正直に生きたい思う。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 00:27:27|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の映画の感想など。

最近見た映画を数行で紹介します。

あぜ道のダンディ [DVD]あぜ道のダンディ [DVD]
(2011/12/22)
光石研、森岡龍 他

商品詳細を見る


ちょっと無駄なシーンが多かったです。途中までは、光石さんの演技も含めてよかったです。
この映画を好きな人が多いのは理解はできますが、自分はもっと”削る”ことをして欲しかったです。

アジョシ ウォンビン・エディション(初回生産限定) [DVD]アジョシ ウォンビン・エディション(初回生産限定) [DVD]
(2012/02/02)
ウォンビン、キム・セロン 他

商品詳細を見る


この映画は賛否両論でしょう。レオンの韓国版。
ヨーロッパ映画が好きな人もいれば、ハリウッド好きもいて、邦画好きもいる。
ヨーロッパ映画辺りを好きな人には向かないですが、このベタベタ感はよかったです。
無茶苦茶なんですが、漫画を見る感覚で見れば、楽しめるかと思います。
ウオンビンは確かにカッコいいですね。

Gantz 2: Perfect Answer (Movie) [DVD]Gantz 2: Perfect Answer (Movie) [DVD]
(2012/03/20)
Gantz 2: Perfect Answer (Movie)

商品詳細を見る


GANTZ2は過去史上見た映画で、5本の指に入るくらい酷かったです。いいところが一つもなかった。

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]
(2007/01/26)
ソン・ガンホ、ピョン・ヒョボン 他

商品詳細を見る


この映画は自分が韓国人で、韓国の文化を理解できていたらもっと楽しめたと思います。
怪獣映画としての評価は高いようですが、個人的にはギャグレベルをもっと評価して欲しいです。
映画としては、そこまで面白い!!と感じさせる内容ではなかったですが、小出しにネタのジャブを
喰らい、腹八分目です。さすがポジュノ。こういう映画もとれるんですね。
この映画は日本でどのくらい流行ったのかは気になります。韓国のほうが流行るでしょうが。

ゴーストライター [DVD]ゴーストライター [DVD]
(2012/02/02)
ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン 他

商品詳細を見る


今年のキネ旬の一位でしたが、もうキネ旬の評価は参考に全くしていなく、ポランスキーも
個人的にはそこまで好きではないです。
だからこそ、いい意味で期待を裏切られました。見せる技術に惹かれ、続きが気になってしかたなくなり、
あっという間に終わってしまいました。いい映画ですね。
因みにこの話しと同じような話し、リアルでも聞いたことがあり、話しに入れたのもその要因も大きいです。

スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション [DVD]スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション [DVD]
(2012/04/27)
妻夫木聡、永瀬正敏 他

商品詳細を見る


石井克人は、やっぱり「鮫肌男と桃尻女」が一番よかったです。
CMプランナーとしての才能と、笑いの才能が一番マッチングしていたと思います。
PARTY7はちょっとしつこく、茶の味は僕には緩すぎました。
本作自体も、悪くはないんですが、グサっとくるものがないですね。
ただこの監督の映画は次回作も見るでしょう。

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
(2011/02/04)
カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 他

商品詳細を見る


シーン、シーンはすごくいいんですが、あまり入り込めませんでした。最後のシーンはすごくいいです。

罪とか罰とか [DVD]罪とか罰とか [DVD]
(2009/08/07)
成海璃子、永山絢斗 他

商品詳細を見る


”映画”としては見るなら、あまり面白くないと思います。
”映像””劇”として見たら、なかなか面白いと思います。ガチガチの人は、評価しないのかと。

グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ [DVD]グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ [DVD]
(1998/10/21)
ロビン・ウィリアムズ

商品詳細を見る


気合いをいれて見ないと、涙腺が弱い人は危ないかもしれません。普通に、感動したなー、っていう映画は
たくさんありますが、プラスαで鑑賞後の、「シコり感」(なんやんたっやあの映画、とお腹の辺りに
グサっとくる感じの、私的専門用語)を与えてくれる映画でした。見た時の精神状態にも、うまくマッチング
しました。マットデイモンは脚本もいいもの書けるんですね。

チェイサー [DVD]チェイサー [DVD]
(2011/04/22)
キム・ユンソク、ハ・ジョンウ 他

商品詳細を見る


昨日、韓国人の後輩と飲んでいたんですが、しきりに話題に上がったのが、「暴力」についての考え方。
韓国の映画と日本の映画の違いは、ストレートさ、暴力の描き方だと思います。
本作は、ここぞとばかりに暴力シーンが出てくる。その後に、ものすごく走っている映像が流れるんですが、
その対比が面白かったですね。映画としても、こういう形式の映画では最高レベルで面白いんじゃないですか。
暴力のリアルさ、ってことに関しては韓国は日本より規制が少ないんですかね。


去年、一昨年は狂ったようにヨーロッパ映画を見ていましたが、最近は気分ではなかったんですが、
また久しぶりに、見てみたくなりました。
和食も食べたいし、イタリアンも、フレンチも、中華も、韓国料理も美味しいので、気分によって違います。
ハリウッド映画から、南米辺りの映画までフラットな目線で見れる目を造りたいですね。
ただ最後にタルベーラの映画を見たので、すごく気が重いですが、攻めますヨーロッパ。

次回からは、もう少し真面目に書きます。すいません。
  1. 2012/05/12(土) 19:40:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GANTZ。

GANTZ [DVD]GANTZ [DVD]
(2011/07/13)
二宮和也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る



吉高由里子が出ていたのと、原作を読んでいるので一応見て見ました。

偏った映画のチョイスにしたくないのもあるので。


結論から言うと、吉高由里子をもっと出せ!!

佐藤監督と、読売テレビには抗議の連絡を、明日の朝イチから始めたいと思います。


これだけです。意外とタエちゃん役は想像より悪くなし。


正直ただのSF映画という感じで、本当に何も考えずに最後まで鑑賞。そして気がつくと終わってました。


原作で読んだ、「人に対する無関心」も映像で見るとどうも。


原作もここ3年ほどはライフワークの一環として、惰性で読んでいる。


この人の「めーてるの気持ち」と「HEN」は意外と好きなんですが。


今はもう訳がわからない。本当にただのSFにしたいのか。



一つだけ確かなことは、DVDプレイヤーの番組表をペラペラめくり、フムフムと頷きながら、

来週の9:00にボタンを合わせたこと。予告の吉高由里子の見せ方だけは、100点。
  1. 2012/04/20(金) 23:48:38|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母なる証明。

母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/04/23)
キム・ヘジャ、ウォンビン 他

商品詳細を見る



完璧に最高に面白い映画。ポン・ジュノは何十年に一人レベルの才能としか言えない。

とりあえず、阿呆になって踊り狂えばいいんじゃない

正しいとか、正しくないとか、真実とか、良い、悪いとかどうでもいいよ、そのノリも大切ですよ。




ただ、その一般的に見て安易な発想を決して安っぽく見せず、無駄で不要と思うシーンが、一つもない。

映画を見ると、上から目線で「自分ならこのシーンをこうしただろう」などど

勘違いして、大物気取りで考えることもしばしばあるが、そういう自分が恥ずかしくなる作品といえる。



冒頭から、問答無用で虚ろな顔で踊る中年女性に、引き込まれる。これは伏線。

脱線をせず、起承転結が病的なまでのレベルで精巧されている。この精巧さは、滅多にお目にかかれない。



作中のキーワードとして「目」がポイントとなっていることは、明らか。

一つ理解できなかったのが、トジュンの片目が腫れて、塞がれているシーンと

アジョンの回想シーンで片目が塞がれてていたシーンの類似性。

この点をどう解釈するかで、この映画の見方が変わってくる。


正直、わかったような気はするが、何もわかっていないかもしれない、

と今の自分の理解力では、その程度しかわからない深みがある作品といえる。


作中では、良い人も、悪い人も、おそらく意図的であると思うが、描かれていない。表現をしてない。


だからこそ、その点に監督の意図が見え隠れするのではないかと解釈している。


先を読ませよう、気になるという感情を引き出す「見せ方」は異常。


韓国人の友人が、韓国では「男尊女卑の傾向がかなり強い」

「整形文化で、自分の性器も整形する人が多い。包茎の人は、高校卒業までに、

80%は改造するよ。ストロングで、ビックで、ロングタイムになるんだぜ、ハハハ」

と言っていたのをふと思いだす。


文化レベルで、「創ること、見せること、虚栄、の点が突出しているのではないか」と

安易な考えは、頭の中で芽生えてはまた消えた。
  1. 2012/04/20(金) 02:17:41|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロストハィウエイ。

ロスト・ハイウェイ デイヴィッド・リンチ リストア版 [DVD]ロスト・ハイウェイ デイヴィッド・リンチ リストア版 [DVD]
(2012/04/27)
ビル・プルマン、パトリシア・アークエット 他

商品詳細を見る


デイヴィッド・リンチの作品の中では、難解ではなくテーマもシンプルと言える。

それでも、エレファントマンとストレイトストーリーと同じ監督とは、

初見の人には理解し難いと思う。個人的には、マルホランドドライブのほうが好きです。

相当気合いいれて見ましたが、一回では、理解しきれず2回見ました。マルホランドは4回。



見てる途中、ハネケの「隠された記憶」に似てるなと、何回思ったことか。途中で寝ましたが。


ただ、時系列の使い方と、記憶の使い方は存分に本領発揮されてらっしゃいました。

http://www.amazon.co.jp/%E9%9A%A0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%A8%98%E6%86%B6-DVD-%E3%83%9F%E3%83%92%E3%83%A3%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B1/dp/B000GYI0GG

シンプルな構造なのは、レネエが恨みからハゲ親父を殺害、(気持ち悪い男はレネエの恨みの意識の代弁者。

実際は存在しない)結局フレットが大好きです、という二つの気持ちですべて説明できる点。



エデイ=デック・ロランドが悪い奴で、刑務所の中でフレットがピートから転生したけど、

エディとは結局はいろんなところが繋がっておりました、という物語。

この監督と、こういう話しは敢えてシンプルに簡単な表現でまとめます。


ポルノの映像に、マリリンマリソンが出ていたのは、笑ったけど何か意味があったのか。

あと、何故砂漠に向かったのか。

最後のシーンはエディ殺しか、レネエ殺しで追われていたのか。

この3点は気になりますが、どちらにしても意味は重要ではないのでしょう。


偉そうに書いてますが、正直1回では理解できなかったので、最後に解釈のヒントとなった3つのシーンを。


1.2回目見た時の、最初のシーン「デック・ロランドは死んだ」というシーン。

2.ピートから、フレットに戻り、気持ち悪い男に嫌いだったはずのカメラを向けられ

「お前は誰だ?」と問いかけられるシーン。

3.ミステリーマン(レネエの意思)がロランドを殺した際に、ミステリーマンが消えて、

写真のアリスが消えたところ。



総括すれば、レネエは不遇な過去があるにしても、怖い女だな、と思います。

結局、ピートには「あなたにはあげない」と言っていた(うまく利用されたピート)

一番大切にしていた、フレットも共犯化してしまっていること。


リンチは、女性が苦手なのかな、と短絡的にも考えてしまいました。それでオーケー。



  1. 2012/04/20(金) 00:38:45|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。